Home » スルビ日記
つながる。

昨日はサンプルを受け取りに、フアリン村のお母さん達の所へ行ってきました。
     
自分の思い込みにすぎないけど ここの村には歓迎されている気がしてしまう(笑)
     
今回も黄色いソンテウを降りた後、
   
「ちょうどお昼時についてしまったからお母さん達は食事中かもしれない。
 今日は曇ってるし、一回歩いて行ってみよう。」
    
と思って、テクテク歩き出した3分後。
     
後ろから来た車が プップー! と軽くクラクションを鳴らした。
     
「あ、邪魔になってたかな。」 
    
端っこに寄って通り過ぎるのを待ってたら、私の横で車が停まって
     
運転していたおじさんが「どこに行くんだ?」と。
      
「そこの縫製工房ですー。」と答えたら
     
助手席を指差して、乗っていきなさい。みたいな…。
          
            
     
「どこから来たんだ?」ー あ、チェンマイの街中です。
        
「どのくらいタイにいるんだ?」ー 5ヶ月くらいかなぁ。
        
「タイ語が話せるんだなー。」ー や、まだまだ下手なんです☆
    
なんて話をしながら到着。
     
おじさんに ありがとー! って手を振って
    
工房のお母さん達にも こんにちはー。って挨拶をしながら中に入ったら
     
「愛はいつも誰かに乗せてきてもらうのね。」って笑われました : D

     
     
やっぱりお母さん達はお昼を食べるところで、私も一緒に食べさせてもらった◎
       
カオニャオ(もち米)と一緒にカノムジーン(そうめんみたいなの)や
     
魚の干物フライ、納豆ペースト、イワシに似た魚の煮物?をおかずにモグモグ。
     
      
美味しい〜♡     
みんなで一緒にご飯食べるのって楽しい。
     
        
        
         
さてさて、楽しい食事の後に ドキドキしながらサンプルのチェックです!
     
お母さん達はなんだか自信満々にサンプルを持ってきてくれました。
        
それもそのはず、とってもキレイに仕上げてくれていたんですから。
       
すごく嬉しくなって、ぜーんぶ着てみました。
      
「愛が持ってきたデザインだから、全部似合うわねー。」
     
なんて煽てられながら(笑)
      
今後、できるだけたくさんお母さん達に作ってもらいたいなー
    
と思いました。
     
ここのお母さん達はいつも 手織りで草木染めの布しか扱っていないので
   
私もできるだけその姿勢を保ってもらえるように、シンプルで定番のデザインのみを
     
お母さん達にお願いして、プリントコットンなどを使うものはまた別の所で
       
オーダーしようと思いました。
       
         
リーダーのSomyaaさんも言ってたから。 
     
「それぞれ違ったデザインのものをたくさん作るのは頭が痛いわ。」って。
         
       
彼女達のお仕事のほとんどが作務衣を縫う事ですから
    
上着とパンツの2パターンのみです。
      
サイズもS,M,Lの3つくらいではないでしょうか。
      
              
スルビで定番アイテムとして 
      
ずっと作り続けていけそうなものを彼女達にオーダーしよう。
    
      
       
      
huarin12983
サンプルを手にして喜んでる私と、縫製工房のお母さん達(^-^)

      
       
                  
ほらね。
   
やっぱり日本への一時帰国が近づく頃になると
     
またチェンマイへ戻ってきたくなる希望と理由ができるのです。
          
「もっとお母さん達と一緒に仕事がしたいなー。」って。
           
       
       
こうして私の情熱が 未来への希望となってつながっていく。
     
立ち止まって 悩んで どうしていいのか解らなくなることもあるけど
        
自分の進む道を再確認させてくれて、信じさせてくれるのは 
       
いつも周りにいる人達。      
   
         
今日もスイスコテージのマスターとSkypeで話そうと思って電話したら
       
たくさんのお馴染みさんが来てくださってて
     
みんな「楽しみに待ってるよー。」って言ってくれた。
      
めちゃくちゃ嬉しかった。
      
    
        
日本でもチェンマイでも
               
私の大好きな場所に 私の居場所を作ってくれる人達。
       
そんなみんなを笑顔にしたいと思う。
      
         
            
こんな気持ちが私を動かして
      
私のいのちをつなげてくれる。
      
     
         
            
                
    
    
    
                        
おまけ。
   
easypt3
前回の日記「試行錯誤。」の後、お直しから戻ってきたコットンのふんわりしたパンツ。
   
もも周りの幅を少し狭めたので下のフレア部分のデザインがクリアになったかな。
     
フレア部分の縦幅を減らしてもいいかなーと思うけど、
       
そうすると丈が短くなってしまうので今回はここまで。
          
試行錯誤は続くのです : )

         
           
           
           
             
              
     
      
          
              

2012.09.09 | Author: | Category: スルビ日記

  • カテゴリーなし